ブログランキング参加中!

ご訪問ありがとうございます♪
blogram投票ボタン
ワンクリックお願いします(^-^)/

プロフィール

こころま

Author:こころま

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最近のコメント

最近の記事

FC2カウンター

リンク

☆お世話になっている皆さま☆

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
55509位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
10157位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

携帯でもブログが見れます♪
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツボの本

こころまのフェイシャルトリートメントは
顔にあるいくつかのつぼを刺激して
美容効果を高めたり、リラクゼーションができるように
工夫されています。

このツボは自分でも簡単に押せるので、
顔のどこにどんなツボがあるか知っておくと良いです。

洗顔の時やお風呂につかっているときなど
普段からツボを刺激するように心がけていると
若々しいハリのあるお肌を保つことができます!

でも、ツボって・・・東洋医学って・・・
難しそう・・・・

と思いますよね。

私もそうでしたが、とても分かりやすい本を見つけました。

本格的な東洋医学を勉強されているからすると
物足りないと思いますが

簡単に分かりやすくツボのことを知りたいなら
この本がおススメです!



いくつか読んだ中で、
一番簡単で、しかも視覚に覚えやすく
かつ簡潔に書かれて分かりやすいです。

是非お試しください(^-^)

今日も読みましたの合図にワンクリック

応援よろしくお願いします(*^-^*)

スポンサーサイト

アルケミスト~夢を旅した少年~

お気に入りのブロガーさんが紹介していて興味があったので
買って読んでみました。


スペインに住む羊飼いの少年が、夢で見たエジプトのピラミッドに眠る
宝物を探すために羊飼いの生活を捨てて長い旅に出るお話で、
その中で様々な人に出会い、たくさんの経験をします。
やがて少年は「魂のアルケミスト(錬金術師)」に成長していきます。


宝物を見つけるために必要な選択をしなければならない時、
少年はいくつかの『前兆』に出会います。

その『前兆』に従うことで
夢を実現するための道筋が見えてくるのです。

私にもその『前兆』を感じることがあります。
私はそれを『流れ』と言いますが、
その流れにうまく乗っているときは物事がとてもスムーズに進みます。

無理をしたり心に嘘をついたとき、
その流れは途中で止まってしまい物事がうまくいかなくなります。

そしてまた違う『流れ』を待ちます。

でもそのまわり道は決して意味のないものではなく、
私にとって必然で経験しなければならなかった出来事なのです。

また流れをつかもうと何度も何度も努力するための
いわば試練のよなものです。


その少年もたくさんの出会いの中で苦い失敗も経験します。
そしてそこから新たな出会いがあり、自分を成長させます。

辛いことから逃げずに新たな道を見つけ進むことで人は成長します。
失敗から学ぶことは成功することよりも大切なことです。


私も今夢に向かって長い長い旅に出たところです。
たくさんの出会いと失敗を経験して
オンリーワンのセラピストになれるように成長していきたいと思います。




今日も読みましたの合図にワンクリック

応援よろしくお願いします(*^-^*)

相原由花著『臨床アロマセラピストになる』

cocoromaをフォローしましょう

アロマの学校を卒業後、
これから本当にアロマセラピストとしてやっていくことが
できるのだろうかと漠然と考えていた時期がありました。

卒業したからと言って
どこか就職先があるわけでもなく、
また、どこかのサロンに就職しようとも考えていなかったので
どのようにアロマの資格を生かしていけばよいのか分からなかったのです。

そんなとき、同期の卒業生の方と
用事で学校で会った時にそのままランチを一緒にして
現状やこれからのことなどいろいろ話をしたことがありました。

その時に「この本、本当にいいから読んでみたら?」と
教えてもらったのが、相原由花著『臨床アロマセラピストになる』でした。



「臨床」というだけに相原由花さんは末期のがん患者さんなどの
緩和ケアをされているのですが、

臨床セラピストになるまでの道のりや葛藤などが
さまざまな経験とともに綴られています。

この本を読んで、「臨床セラピストになりたい!」という思いも芽生えましたが
やはり看護師の方レベルの医療知識がないとなかなか難しく
そのために新たに学校に通わなくてはならないということもあり
今の「私の道」ではありませんでした。

でも、アロマセラピストとして人の役に立ちたいという思いが
この本を読んで以前よりも強いものに変わっていったのは感じました。

そこから「私のできること」「私のするべきこと」「私らしいこと」を
ゆっくりと考え始め、アロマセラピストの学校へ入るときにずっと頭の隅にあった
「こころを癒す」という本来の私のやりたかったことに行きついたのです。

そこから心理学の勉強をするために大阪の学校に行くようになり、
流れにまかせるまま、自宅でアロマセラピーのサロンをオープンして
現在に至っています。

この本に出会っていなかったら
きっとまだ私は“なとなくアロマセラピスト”だったかもしれません。

今でも臨床アロマセラピストには関心も高く、
経験を積んだ暁には臨床のお仕事にも携わる機会が巡ってくると思います。

いろいろな経験を積んでいろいろな心の痛みを知って
自分の理想とする、人に必要とされるアロマセラピストになりたいと願います。


今日も読みましたの合図にワンクリック
人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします(*^-^*)

こころま8月のキャンペーン
夏の強い紫外線から無防備になりがちな『手』を守りましょう♪
贅沢なクレイのハンドパックキャンペーン!!!
詳しくはこころまホームページで・・・・



こころまホームページ
こころまご予約 
メールでのお問い合わせは info@cocoroma-aroma.com
お電話でのお問い合わせは 075-755-7800


光と影の法則

心理学の勉強をしてるときに買った本ですが、
ずっと友達に貸していたのが先日返ってきました。

この本はセラピストである著者のセミナーに実際に参加していた
女性の人がモデルになっているのですが、

人間関係の失敗を繰り返して自分のまわりに起こる出来事に
不満ばかりをもっていたのですが、
「身のまわりに起こる原因は、すべて自分にある」ということに気づき
自分が変わっていき、壁を乗り越えていく

というストーリーです。


「自分ばっかり・・・」
「なぜまわりはきちんとできないのか・・・」
「自分は悪くない・・・」

と何事も人のせいにしてしまうことって
口には出さなくてもこころの中で思ってしまうことって
誰にでもあると思います。

実際、私自身いまでも思ってしまうことがありますが、
ハッと気づいて考えを改めます。

無理やりにでも考えを変えるのです。
そうすることで自然と自分の思考回路は

「人のせい」にしなくなります。

また、ネガティブな考え方も同じで、
ネガティブな感情が出てしまった時は
無理やりポジティブに変えます。

本当に無理やりです。

起こってしまった悪い出来事やつらい出来事に
「意味」を見出し、少しのプラス要素でもいいので探し出します。

そうすることで人生で起こったすべてのことには
意味があり、なぜ自分がこういう思いをしているのかを
考えることもできます。

話がそれましたが、この「光と影の法則」は
人間関係に何かしら問題を抱えている人にはどのようにそれらを解決すればよいかを導いてくれるヒントになるような本だと思います。



  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。